ビジネスパーソン

デキるビジネスパーソンは、マナーも知識も完璧なイメージがあります。
しかし、実社会で人の心を動かすのは、完璧な形式をかたくなに守ることより、情熱や気持ちが込められた行動です。
マナーが守られていてもそこに心がなければ、慇懃無礼な人だと思われ、その行動がかえって無礼になってしまうでしょう。
丁寧であるからこそ、そこに誠意の気持ちが込められていなければ嫌味にすらとられてしまいかねません。


ビジネスマナーの基本は、相手の気持ちや立場になって考えてみることです。
自分はよかれと思ってやっていても、相手の気持ちになって自分のしたことを考えてみたら、要求を全く満たしていなかったなんてこともあります。
そのような意味では型を守ることに執着し過ぎず、時には臨機応変さや柔軟さも大切になってくるでしょう。
最終的には取引先にも自社にもプラスとなり、信頼を集めることになります。


当サイトは、ビジネスパーソンであり続けるためのマナーなどについてご紹介しています。
社会人一年生がマナーを習得することは一般的ですが、すでにキャリアや実績がある方でも、ときにはご自身のスタイルを振り返ってみてはいかがでしょうか。


慣れというのは恐ろしいもので、習慣になってしまうとマナー違反がまぎれて込んでいてもなかなか気がつくことができません。
自信があることも、改めて見直してみると思い違いをしているということもあるものです。
当サイトは、そのようなビジネスパーソンの方にもぜひ読んでいただきたいと考えています。


■厳選リンク
フランチャイズで独立開業したい方を募集しているサイトです=> フランチャイズ